Servlet/JSP: Session


セッション

HTTPは当初は、「クライアントからサーバへの要求」と 「サーバからクライアントへの応答」が対応するだけの 単純なプロトコルでした。 つまり、クライアントからサーバへの要求は個々に独立して 行われるものであり、要求同士が関係をすることはありませんでした。

しかし、「お買物サイトのショッピングカート」を実現するためには、 『状態を保持する』という機能が必要になります。 この仕組みがセッション(session)と呼ばれるものです。


セッションを扱うサーブレット

[ファイル配置]
  ${CATALINA_HOME}/webapps/basic/WEB-INF/src/session/CountServlet.java
${CATALINA_HOME}/webapps/basic/WEB-INF/src/session/CountServlet.java
授業で配布するプリントを参照して下さい。
CountServlet.javaのコンパイル
$ cd u:/tomcat8/webapps/basic/WEB-INF 
$ .  x:/usrdata/nitta/tomcat/setpath.sh   ← 一度やっておけばよい
$ javac src/session/CountServlet.java -d classes -sourcepath src 
[ブラウザでアクセスするURL]
  http://localhost:8080/basic/session/CountServlet



セッションの中でのデータの受渡し

[ファイル配置]
  ${CATALINA_HOME}/webapps/basic/WEB-INF/src/session/SessionListServlet.java
${CATALINA_HOME}/webapps/basic/WEB-INF/src/session/SessionListServlet.java
授業で配布するプリントを参照して下さい。
SessionListServlet.javaのコンパイル
$ cd u:/tomcat8/webapps/basic/WEB-INF 
$ .  x:/usrdata/nitta/tomcat/setpath.sh   ← 一度やっておけばよい
$ javac src/session/SessionListServlet.java -d classes -sourcepath src 
[ブラウザでアクセスするURL]
  http://localhost:8080/basic/session/SessionListServlet