NtKinectDLL (DLL) and NtUnity (C# Wrapper) for NtKinect


2017.08.19: created by
2017.08.23: revised by
2017.08.24: revised by
2017.08.25: revised by
Japanese English

NtKinectは Kinect V2 をC++から簡単に利用するためのクラス・ライブラリです。 C++以外のプログラミング言語や開発環境から利用するためには、NtKinect の機能をDLL化する必要があります。 KtKinectの機能のぼほフルの機能をDLL化した ライブラリ NtKinectDLL と、 Unity (C#) 用のラッパーである NtUnity を開発しましたので、 ユーザの利便性を考えてオープンソースとしてMIT License で公開します。

[注意] 上で「ほぼフルの機能」と言っているのは「音声認識」を除いたからです。 音声認識の機能を利用するにはMicrosoft の"Speech Platform SDK v11" が システムにインストールされている必要がありますので、これを必須にすると ライブラリを利用するハードルが上がってしまいます。 音声認識を追加する必要があればこちらの説明を参照して 簡単に追加できます。

前提条件

次のソフトウェアがインストールされていることを前提条件とします。インストールのパスが異なる場合は適宜読み替えて下さい。


NtKinectDLL

最新版: Version 1.2.3 (2017/09/12)

コンパイル方法

Old version(s)


NtUnity

NtKinectDLL を C# から使うためのラッパーです。 Unity で NtKinect を用いて Kinect V2 を利用することができます。

Old version(s)


NtKinectDLL と NtUnity: 利用方法に関するチュートリアル

NtKinectDLL と NtUnity を用いて、Unity で Kinect V2 を使う方法を解説します。



http://nw.tsuda.ac.jp/