2019/10/30 Updated by

AR


[Up] Japanese English

メモ [2019/11/01]

Unity Hub に新しいUnityを追加して、iOSの開発をしたい。 以下のMacOS上で動くバージョンを試す。

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
macOS Catalina version 10.15.1
結果
unity         Xcode            ios        result
2019.1.4f1    11.2(11B52)      13.1.3     ok
2019.2.11f1   11.2(11B52)      13.1.3     ng

メモ [2019/11/01]

Unity Hub に、Unity5系古いバージョンを追加して使いたい。 Unity2017より前のバージョンは Unity Hubと互換性がなく、インストールできるバージョンが用意されても、 Unity Hubからは起動できなので注意が必要。Hubの中にインストールされた各バージョンの フォルダ内の実行ファイルを直接指定して起動すべし。

Windows10では、Unity 5.6.1f1 をUnity Hubにインストールした後、直接指定して起動すると動く。

以下のMacOS上で動くバージョンを試す。

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
macOS Catalina version 10.15.1
5.6.1f1  <--- Unity Hubにinstallして、Unity Hubから指定すると起動しない。
Unity Hubにinstallした後、「Application/Unity/Hub/Editor/5.6.1f1/Unity.app」を 直接指定して動かそうとすると、ライセンス入力と思われるウィンドウが出るが、真っ黒で読めない。
「ダウンロード(Mac)」でインストールして動かしてみるべき。

5.6.7f1  <--- Unity Hubにinstallした後、「Application/Unity/Hub/Editor/5.6.1f1/Unity.app」を 直接指定して動かそうとすると、ライセンス入力ウィンドウが表示され、起動する。
しかし、プロジェクトをNewしたり、既存のプロジェクトをOpenしようとすると、延々時間がかかって起動しない。