IPv6: Multicast Listener Discovery (MLD)


マルチキャスト用プロトコル

ルータとルータの間のプロトコル

Protocol Independent Multicast (PIM) は、大きく2つのモードに分けられる。

L2マルチキャスト制御機構

ルータとホストの間でやりとりされるプロトコルの内容をL2スイッチが判断して、マルチキャストトラフィックの受信を希望するポートにのみマルチキャストを送信する。 IPv4 では IGMP Snooping が、 IPv6 では MLD Snooping が利用される。

ルータとホストの間のプロトコル

マルチキャストの受信を希望するホストは、どのマルチキャストグループに属したいかを意思表示する。 IPv4 では Internet Group Management Protocol (IGMP) が、 IPv6 では Multicast Listener Discovery (MLD) が利用される。


MLDv1

RFC2710 "Multicast Listener Discovery (MLD) for IPv6" で3種類のメッセージが規定されていて、ICMPv6が利用される。

MLDv2

RFC3810 "Multicast Listener Discovery Version 2 (MLDv2) for IPv6" で2種類のメッセージが規定されていて、ICMPv6が利用される。