POP Server


メール・サーバに届いたメールを、手元のパソコンに取ってくる 仕組みには

があります。今回は POP について説明します。


POPプロトコル

USER uiduidとしてloginする。
PASS password認証のためパスワードを送る。
STATメールの個数とmailboxのサイズを調べる。
LIST各メールとそのサイズの一覧を表示する。
RETR nn番目のメールを取り込む。
DELE nn番目のメールを削除する。
RSETリセットする(加えた変更を無しにする)。
QUITlogoutする。

 POPプロトコルの例
% telnet localhost 110       ← localhostのpopサーバと通信してみる
+OK Qpopper (version 4.0.3) at ec00.tsuda.ac.jp starting.  
USER nitta    ← nittaとしてログイン
+OK Password required for nitta.
PASS xxxxxxxx   ← nittaのパスワードを送る(ここでは隠してあります)
+OK nitta has 2 visible messages (0 hidden) in 641 octets.
STAT        ← 受信メールの状態を見る
+OK 2 641         ← 2通来ている
LIST        ← メールの一覧を見る
+OK 2 visible messages (641 octets)
1 320
2 321
.                    ←リストの終り
RETR 1        ← 1番目のメールを取り込む
+OK 320 octets
Received: (from root@localhost)   ←1番目のメールの始まり
	by ec00.tsuda.ac.jp (8.11.0/3.7W) id f5DBK7g26655
	for nitta; Wed, 13 Jun 2001 20:20:07 +0900
Date: Wed, 13 Jun 2001 20:20:07 +0900
From: root <root>
Message-Id: <200106131120.f5DBK7g26655@ec00.tsuda.ac.jp>
To: nitta
Subject: test 1
X-UIDL: J<4!!Z^H"!/8n!!i`X!!

first test

.                 ←メールの終り
DELE 1      ←1番目のメールをサーバから削除する
+OK Message 1 has been deleted.
STAT         ←受信メールの状態を見る
+OK 1 321
QUIT        ← 通信を終了する
Connection closed by foreign host.