Telnetクライアント


「標準入力(普通はキーボード)から読んだ文字列をサーバに送る」スレッドと、 「サーバから送られた来た文字列を標準出力(普通は画面)に表示する」 スレッドを同時に動作させます。




localhost上で RunEchoServerThreaded.javaが動作している状態で、 RunTelnetClient.javaを動作させたの実行例を示します。

この実行例では、nw.tsuda.ac.jp上のWWWサーバとも通信しています。

RunTelnetClient.javaの実行例
$ javac RunTelnetClient.java TelentClient.java Pipe.java 
$ java RunTelnetClient localhost 8888 
abcdefg 
abcdefg   ←サーバからの返事
こんにちは 
こんにちは   ←サーバからの返事
Ctl-c        ←Controlキーを押しながらcキーを押すと終了
$ java RunTelnetClient nw.tsuda.ac.jp 80 
GET /index.html HTTP/1.0 
   ←空行(いきなり改行が必要)
HTTP/1.1 200 OK                ←これ以降サーバからの返事
Date: Sun, 12 Oct 2008 07:22:15 GMT
Server: Apache/2.2.8 (Unix) mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8c PHP/5.2.5
Last-Modified: Sun, 13 Apr 2008 21:02:20 GMT
ETag: "38c6fe-34f-44ac77ba1ef00"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 847
Connection: close
Content-Type: text/html

<HTML>
<HEAD>
...
                             ←Ctl-Cで終了

TelnetClient.java, Pipe.java, RunTelnetClient.javaという 3つのファイルをまとめて1つのファイルにすることができます。