2.4 モデルを改善する (p.52)

入力画像の空間構造を考慮するように変更する。具体的には畳み込み層を使う。

2.4.1 畳み込み層 (p.53)

2.4.2 バッチの正規化

2.4.3 ドロップアウト層

2.4.4 すべてをまとめる

モデルをコンパイルする

モデルを訓練する

[自分へのメモ] (2021/02/14) Windows (gtune2) 上の python仮想環境 generate において model.fit() を実行した際に cuDNN がエラーを出して途中で終了する。 http://nw.tsuda.ac.jp/lec/DeepLearning/book14/preparation/index.html の表によれば tensorflow-gpu-2.2.0 と tensorflow-gpu-2.3.0 はどちらも python 3.5-3.8, cuDNN 7.6, CUDA 10.1 が条件なので、 現在のPCの状態で大丈夫のはずだが。

[自分へのメモ](2021/02/15) Mac 上のpython仮想環境 generate においてmodel.fit() は正しく実行できた。下のセルの実行結果は Mac で実行したものである。

モデルを評価する