2章 p.71-78

Webカメラ画像を扱う

Google Colab 上でカメラを使う方法は @a2kiti https://twitter.com/a2kiti のブログ記事 https://qiita.com/a2kiti/items/f32de4f51a31d609e5a5 を参照すること。

このノートブックでは、カメラから画像を取得して、簡単に加工し、加工結果を表示することだけを行う。

コールバックを使う方法

コールバック関数 run() の中の行

out_img = cv2.Canny(decimg,100,200)
をコメントアウトして、次の行

out_img = decimg
のコメントアウトを外して有効にすると、同じ画像が表示される。

画像をbase64encoding して dataURL としてやりとりしているので、データが大きいと非常に遅くなる。データ量を削減するため、javasciptおuseCam()関数の中でjpeg圧縮してから通信し、加工結果をjpegとして得ている。