PyTorchによる画像生成/画像変換のためのGANディープラーニング実装ハンドブック

実行環境の起動


サーバの起動

  1. Windowsの"Start" から "Anaconda Prompt" を起動する
  2. "Anaconda Prompt" の対話環境の中で、フォルダを移動する
  3. GoogleDrive の上の "マイドライブ/PyTorch/torch_book1/" フォルダで作業をする場合を考える。
        (base) C:\Users\nitta > g:  
        (base) g:\ > cd マイドライブ/PyTorch/torch_book1  
      
  4. pyton仮想環境 torch_book1 に切り替える。
  5.     (base) g:\マイドライブ\PyTorch\torch_book1 > cond activate torch_book1  
      
  6. jupyter notebookサーバを起動する。
  7.     (torch_book1) g:\マイドライブ\PyTorch\torch_book1 > jupyter notebook  
      
  8. 初めて jupyter を起動したときは、初期設定を行う。
    1. jupyter を起動した Anaconda Prompt で'Control-c' を入力して jupyter を停止する。
    2. ホーム・フォルダにjupyter の設定ファイルが作成されているはずである。
    3. C:\Users\nitta\.jupyter\jupyter_notebook_config.py をエディタで編集して、パスワードを設定する。
    4.     変更前: #c.NotebookApp.token = '<generated>'
          変更後: c.NotebookApp.token = '自分で考えたパスワード'
        
    5. jupyter notebookを再び起動する。(jupyter を強制終了してから時間があまり経過していないと、8888番ポートが使用中として他のポート番号で立ち上がる場合があるので注意する)
  9. jupyter サーバの情報が表示されるので、URLをコピーする
  10.     http://localhost:8888/?token=
      

クライアントの起動


Yoshihisa Nitta

http://nw.tsuda.ac.jp/