IPv6: Tunneling


IPv6用のトンネル技術は4種類ある。


6to4

上記の欠点を補うために ISATAP や Teredo が開発された。

6to4 の概要

                     1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 3 3
 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 (32bits width)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
|0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0|IPv4 Global IP (first 16 bits) |
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
|IPv4 Global IP (first 16 bits) |        Subnet ID              |
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
|                                                               |
+                   Interface ID                                +
|                                                               |
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2002::/16 のアドレスプレフィックスを持つホストを「6to4ホスト」と呼ぶ。 同一セグメントにある「6to4ホスト」同士は直接通信できる。 他のサイトにある「6to4ホスト」ノードと通信を行うには「6to4ルータ」が必要である。 「6to4ルータ」はカプセル化とカプセル解除を行うことで IPv4 ネットワークをトンネルする。 「6to4ホスト」または「6to4ホスト」が存在するサイトを「6to4サイト」と呼ぶ。


ISATAP

企業内にスムーズに IPv6 を展開できるように ISATAP (Intra-Site Automatic Tunnel Addressing Protocol) が開発された。 デュアルスタックノードがイントラネット内の IPv6 ノードと通信を行う際に、途中にIPv4 しかサポートしていないルータがあっても、


Teredo

RFC